トップ 接骨・柔道整復ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

接骨・柔道整復ナビ接骨院と柔道・整復術 > 柔道整復術の業務範囲とは

柔道整復術の業務範囲とは

柔道整復術の業務範囲とはの画像

わたしたちは普段から気軽に、接骨院や整骨院に行っているのに、ほとんどの人が柔道整復師という資格や柔道整復術について知らないのではないかと思います。一般でも多くの人が、病院の医師には医師免許が必要だということを知っているのに、接骨院や整骨院でわたしたちの治療をしてくれている人たちが持っている免許が医師免許ではなく、柔道整復師という免許であるということを知らないのです。

医師免許と違い、柔道整復師は医療行為というものはできませんし、医師とはまた専門性というものも異なってきますので、わたしたちが接骨院や整骨院に行った時にどのような治療を受けることができ、またどのような治療は接骨院や整骨院の業務範囲外であるのかということを知っておくと良いでしょう。

柔道整復師は、まず接骨院や整骨院といった施術所を作ることができますがこの接骨院や整骨院では、いわゆる外傷によるケガである捻挫・打撲・挫傷・脱臼・骨折の治療を行うことができます。ただし、脱臼や骨折については、厚生労働省のほうから、できれば外科医もしくは整形外科医が治療にあたるのが望ましいという通知をしているため、基本的に応急手当を除いて、医師の同意がなければ治療ができないとなっています。

柔道整復は、柔道整復師以外に、医師も行うことができますので、技術としては外科医もしくは整形外科医なども柔道整復の技術を身につけていますが、逆に医師免許を持っていない人で柔道整復を行うことができるのは柔道整復師だけとなります。柔道整復師は医師ではないため、もちろん、手術やレントゲン撮影、投薬などを行うことができません。そのため、骨折などの場合はレントゲン撮影や投薬のできる外科医もしくは整形外科医が治療にあたるのが望ましいといわれているのです。

ただ、軽度の捻挫などであれば、気軽に行ける接骨院や整骨院のほうで治療をするほうが良いといえるでしょう。柔道整復術と似ているとして混同されやすいものに整体などがありますが、これは柔道整復術とはまったく違うものですので、一般から見ると同じに見えるかもしれませんが、治療方法などが異なりますので、よく調べて納得してから病院に行くようにしましょう。



スポンサー広告

ネットショップ広告


接骨・柔道整復ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 柔道整復師とスポーツ

みなさんは、スポーツは好きですか。柔道整復師は実はスポーツとも大きな関わりを持っています。スポーツを長くやっている人や本格的に取り組んでいる人はとくに感じるかもしれませんが、スポーツは楽しく健康に良いものですが、それと同時にスポーツをしている最中にどこかを痛めたり、ケガをしたりするというケースもあります。 もちろん、どこかを痛めたり、ケガをしたりするということは、日常の中でもありますが、スポーツをしていると、どこかを痛めたり、ケガをしたりすると動きにくくなったり、気になった

接骨・柔道整復ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。