トップ 接骨・柔道整復ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

接骨・柔道整復ナビ接骨・柔道整復を知ろう > 接骨・柔道整復でできること

接骨・柔道整復でできること

接骨・柔道整復でできることの画像

現在、日本では医師法により医師以外の者が業として医療を行うことが禁じられています。ですから柔道整復師は外科手術やレントゲン撮影、薬品の投与などを行えません。患部に湿布する程度の薬品の使用については、危険性がなく、柔道整復の施術に当然伴う程度なら許可されています。

柔道整復師は施術所(接骨院・整骨院)を開設できますが、そこで行うことのできる業務は、捻挫・打撲・挫傷・脱臼・骨折など、外傷による怪我を治癒させる施術のみと規定されています。このうち脱臼・骨折の治療には、応急手当を除いて医師(できれば外科医あるいは整形外科医が好ましいとの厚生労働省通知がある)の同意が必要です。

それから「骨折・脱臼・捻挫・打撲に至らない状態」であるものについては、手技等およそ人の健康に害を及ぼす虞のない行為の範囲で、柔道整復師がその業務の特色を生かした施術を行うことは、差し支えないとされています。逆から見ると、業として柔道整復を行えるのは柔道整復師以外には医師しかありません。と同時に柔道整復師は慰安や治療として、あん摩・マッサージ・指圧行為や鍼・灸行為をする事は出来ません。

これらの行為は柔道整復と同様に免許制であり、資格保持者以外が業務として行うことを法律で禁じているからです。もちろん社会通念上、柔道整復の施術に当然付随するとみなされる程度のあん摩・マッサージ・指圧行為は許されています。が柔道整復の治療を完了して後、単にあん摩・マッサージ・指圧のみの治療を必要とする患者に対し行うことは禁止されています。

そこで柔道整復師の中にはこれら、あん摩・マッサージ・指圧師や鍼師・灸師の資格も併せて取得している方もおられます。また、柔道整復師の中には、スポーツトレーナーを目指す人も多くいますが、スポーツトレーナーになるために、専門学校に行きたいと考えている人は、柔道整復師の資格とスポーツトレーナーの勉強が同時にできる専門学校などもありますので、そのような学校を利用するのも良いのではないでしょうか。



スポンサー広告

ネットショップ広告


接骨・柔道整復ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 柔道・整復師と免許

みなさんは、柔道整復師という言葉を聞いたことがありますか。柔道というスポーツは、多くの人が知っていると思いますが「整復師」という職業は聞いたことがなかった、初めて聞いたという人も多いのではないでしょうか。しかし、みなさんが聞いたことがなくても、この柔道整復師さんには、多くの人たちがお世話になっているはずです。 柔道整復師になるためには、免許が必要ですので、柔道整復師とはどのようにして免許を取り、どのようなことができる人なのかということを知っておきましょう。柔道整復師という耳

接骨・柔道整復ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。