トップ 接骨・柔道整復ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

接骨・柔道整復ナビ接骨・柔道整復を知ろう > 柔道整復の歴史

柔道整復の歴史

柔道整復の歴史の画像

柔道整復の源流は日本古来の武術にあります。これは柔道の歴史にも通じるものがありますが、柔道はもちろん日本で長い歴史を持っています。戦国時代の頃、「殺法」と呼ばれる素手や武器で敵を倒す武術の裏で、負傷者や仮死者を治療し蘇生させる「活法」が生まれました。戦に備えて厳しい訓練を続ける戦国時代の武士や兵たちは、怪我をすることも多かったことと思われます。

しかし負傷したままでは訓練が続けられませんから、その場で手当てをしなければなりません。また戦が始まっても、傷ついた兵をいかに早く回復させて戦場に戻し兵力を維持できるかが勝敗を分けたのです。まだ、怪我をしてすぐ医者に手当てを受けることなどできなかった時代です。その中から自然と「殺法」である武術と「活法」である医術が表裏の関係になって行ったのです。

江戸時代になって武芸者が道場を開くようになると、門弟の稽古中の怪我を治療したり、副業として医院を併設したりすることで、武術と医術の両方に通じていることは一流の要件になっていました。こうして柔道整復術の体系化が進みました。ところが明治時代に入ると、維新後の西洋文化偏重の流れの中で漢方医学廃止令が出され、事実上「接骨」は禁止となって柔道整復は存続の危機を迎えます。

そこで明治の終わり頃、柔術家・柔道家の職業として「接骨」を認められるよう運動がおこり、講道館柔道の創始者である嘉納治五郎の働きかけにより大正9年の内務省令でようやく柔道整復術は公認され、その技術を持つ柔術家や柔道家は柔道整復師として認定されて収入を得ることができるようになったのです。その後、昭和45年に柔道整復師法が成立し平成元年の同法の大改正などを経て現在につながっています。

現在の柔道整復術は厚生労働省には医療類似行為として扱われていて、医療法に基づく医療行為ではないと規定されています。もちろん柔道整復師の医療行為は認められていません。しかし、医療行為はできなくても、柔道整復師ができることはたくさんあります。



スポンサー広告

ネットショップ広告


接骨・柔道整復ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 平林鍼灸接骨院 愛知県名古屋市緑区乗鞍1丁目501−3 電話052-877-0811
    • いいじま整骨院 千葉県柏市しいの木台4丁目25−26 電話047-389-0704
    • 鈴蘭整骨院 兵庫県神戸市北区鳴子1丁目10−10 電話078-591-4053
    • なごみ整骨院 神奈川県横須賀市久里浜5丁目11−8 電話046-834-7534
    • 五差路整骨院 神奈川県相模原市緑区大山町11−8 電話042-771-0117
    • みどり整骨院 神奈川県川崎市多摩区菅稲田堤1丁目11−7 電話044-945-9883
    • ついてる整骨院 岡山県岡山市北区今村650−103 電話086-246-6626
    • 諸岡整骨院 福岡県福岡市博多区諸岡4丁目29−23 電話092-575-1819

今日のお勧め記事 ⇒ 保険の適用できない範囲

柔道整復師は、国家資格であるものの、やはり医師免許を持っているわけではありませんので、医療行為を行うということができません。そのため、いわゆる健康保険の適用外となる治療も多くなります。 基本的に接骨院や整骨院でできる治療というものは決められていますが、たとえば慢性的な肩こりなどのように、実際に痛みがあったとしても、あくまでも慢性的なものであって、なにかしらの原因やケガがない場合には、保険の適用外となるなど、一見同じような症状が出ている場合でもその痛みの理由によって、保険の適

接骨・柔道整復ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。